工数管理&勤怠管理
チーム・ポテンシャル

利用方法


はじめに

 「チーム・ポテンシャル」はファイルだけでできています。ファイル一式がPCの(c:)ドライブに入っていればアプリが動作します。

▼アプリのフォルダの中
アプリケーションの中身

  • アプリのファイルたち

teampotential.exe

起動ファイルです。ダブルクリックするとチーム・ポテンシャルが起動します。

***.dll

末尾に「.dll」とついたファイルはアプリを動作させるために必要なファイルです。バージョンアップをする際は、これらのファイルを新しいものに置き換えます。

workin.wkb

ライセンスファイルです。アプリの期間ロックを外すためのライセンスファイルです。ダウンロード直後に入っているものはフリー版の状態です。体験版のライセンスファイルに差し替えると体験版として利用できるようになります。製品版のライセンスに差し替えると製品版として利用できます。

master

登録した勤務日や、祝日マスタが入ったフォルダです。他PCに同じ設定をするには、この中の該当ファイルをコピーします。マスタとファイル名の紐づけは、メイン画面の「管理メニュー」→「設定・登録ファイルのコピー」で表示されるメニューをご覧ください。

option

日報・月報などに印字する共通文字の登録ファイルが入ったフォルダです。他PCに帳票の印字を共通化したい場合は、この中のファイルをコピーします。

system

 アプリが動作するために必要なフォルダです。ユーザー側で特に操作することはありません。削除しないようにだけお気をつけください。

kousuusyuukei

工数集計の一覧で入力されたプロジェクトの詳細情報(台帳情報ファイル)が入ったフォルダです。初期状態では存在しません。初めて「工数集計」を起動した際に自動で生成されます。プロジェクトの情報を他PCに共通化したい場合は、このフォルダの中のファイルをコピーします。

***.wkn

社員さんのデータファイルはアプリ起動後、各自が新規で作成します。それぞれ任意(自由に決めてOK)のフォルダに保存するので、アプリケーションフォルダの中にはありません。

1.アプリのインストール

  1. スタートキットをダウンロードします。
  2. スタートキットファイルを右クリックして「すべて展開」を選択します。
  3. 展開ダイアログの「参照」をクリックして「ローカルディスク(C:)」を選択します。
  4. 展開先が「C:\」になっていることを確認して「展開」をクリックします。
     

2.アプリの起動方法

  1. 展開したフォルダの中の「teampotential.exe」をダブルクリックするとアプリが起動します。
  2. 初回は「WindowsによってPCが保護されました」というメッセージが表示されます。

    当サイトからダウンロードしたのであれば、「詳細情報」→「実行」をクリックします。
     アプリ起動時の保護メッセージ


     アプリ起動時の保護メッセージ

  • 画面の文字がぼやけたりサイズがおかしい場合は、互換性の設定を行ってください。
  • 起動できない場合は以下をご確認ください。
    • OS(Windows)は管理者ユーザーでログインしていますか?当アプリの利用には管理者ユーザーでログインする必要があります。管理者ユーザーでログインし直してください。
    • ネットワークを経由していませんか?Wifiなどを経由して他PCのアプリを実行することはできません。使用するパソコンにアプリケーションフォルダを配置して下さい。

3.アプリのアンインストール

 アプリをアンインストールしたい場合は、セットアップしたフォルダのアプリケーションフォルダを削除します。

4.アプリのコピー

 アプリケーションフォルダは、そのまま別PCにコピーすることができます。アプリで設定・登録をして他PCにコピーすると、設定・登録の内容もまるごとコピーされます。

5.バックアップ

アプリのバックアップ

 アプリのフォルダを別フォルダにコピーすると、マスタや設定、使っているバージョンのアプリをそのままとっておけます。フォルダ名に利用年月を追加しておくと便利です。

データのバックアップ

 勤怠・工数データのファイル(***.wkn)は各自PCの任意のフォルダに保存します。
 このファイルをエクスプローラーでコピーするだけでデータのバックアップが取れます。どうぞこまめにバックアップをお取りください。

6.アップデート

  1. チーム・ポテンシャルを一旦終了します。
  2. アプリケーションフォルダをまるごとコピーしてバックアップをお取りください。
  3. アップデートキットをダウンロードします。
  4. アップデートキットを展開(zipファイルの展開方法)します。
  5. 展開するとファイルが13個入っています。
  6. アプリケーションフォルダに、13個のファイルを上書きします。(システムファイルだけを上書きするので、データ・マスタへの影響はありません。)
  • 画面の文字がぼやけたりサイズがおかしい場合は、互換性の設定を行ってください。