出勤簿をエクセルからアプリに変更してデータ収集力アップ

出勤簿をエクセルから当アプリに切り替えるだけで、入力時間を大きく削減し、さらに勤務や工数に関するデータを得ることができます。

出勤簿をエクセルからアプリにするメリット

チーム・ポテンシャル(工数計算モデル)の場合

チーム・ポテンシャルのメイン画面はエクセル風。
エクセルではなかなか実現できないような、出勤簿の入力や自動計算が行えます。

1ヶ月分の勤務時間を会社の勤務カレンダー通りの内容で一瞬で入力できます。

勤務時間を翌日の行にドラッグ&ドロップでコピーできます。

スタッフ毎の1ヶ月分の勤務状況を一覧で表示できます。

工数をプロジェクト毎に計算できるので、プロジェクト工数が一目瞭然です。

月ごとの残業時間をピックアップして表示。残業の多い業務がわかります。


ペタペタシフト(シフト作成モデル)の場合

シフト制の場合は、ペタペタシフトの月報(勤務報告書)を使うと便利です。

シフト表を作成すると同時に月報(勤務報告書)も自動で作られます。

自動入力や範囲コピーなどで勤務時間が簡単に素早く入力できます。

スタッフ毎の1ヶ月分の勤務状況を一覧で表示できます。




関連記事

手書きのタイムカードを高速入力&自動計算